News

『ESPERANZA ENJOY! サッカーフェスティバル2018』参加報告

先日行われた『ESPERANZA ENJOY! サッカーフェスティバル2018』 に、ボランティアとして東京学芸大学蹴球部の部員が参加させていただきました!


CPサッカーとは…
比較的軽度な脳性まひの子供や大人のために考案された7人制サッカー競技。
ヨーロッパで生まれたこのCPサッカーは世界中に広まり、1984年以降はパラリンピックの正式種目にもなっています。

【日時】

2018年2月12日(月・祝) 12:00~15:00(予定)

【場所】

フットサルステージ(東京都多摩市落合1-47 ニューシティ多摩センタービル8F)

【対象】

小学生以上の男女80名

【参加費】

1,000円(小学生500円)

【内容】

①CPサッカー体験
CPサッカー特有のルールや、普段から行っているトレーニングを体験しよう!
②レジェンドに挑戦
サッカー界で活躍しているゲストの皆さんと対決!(リフティング・PK対決他)
③MIXフットボール
年齢、性別、障がいなど関係なく、みんなでサッカーを楽しもう!

市川大祐さん(サッカー元日本代表)や小林弥生さん(元なでしこジャパン)、海堀あゆみさん(元なでしこジャパン)、ペスカドーラ町田の選手など多くのスペシャルゲストもお越しくださり大変盛り上がりました!!





参加した部員からコメントをいただきました!

大人から子供、初心者、障害の有無に関係なく、笑顔でサッカーができ、とても楽しいひと時を過ごすことができました。
これからも積極的にサッカーイベント等に参加していきたいです。
3年 佐藤直也

サッカーを通して、年齢、性別、障害の有無に関わらずたくさんの人たちとコミュニケーションを交わし、繋がりを持ち、楽しむことが出来たと感じました。 相手を尊重し理解していこうとする姿勢はサッカーのみならず、普段の生活でも欠かすことが出来ないと改めて認識出来ました。 今後もこのようなイベントに積極的に参加していきたいです。
2年 薬袋和輝

運営側という立場でしたが自分自身も楽しんでイベントに参加できて良かったと思います。
また、普段とは違った人達とサッカーをすることは貴重な経験になりました。
今回の経験をを今後のサッカー人生に活かしていきたいです。
1年 五十嵐康平

CPサッカーに参加して、脳性麻痺を持つ人について、理解を深めることが出来ました。
サッカーをするには多くの人の支えがあり、成り立つものだと実感しました。
今後もサッカーに関わるイベントに参加したいです。
1年 佐々木蒼

障害の有無に関わらず、一緒にボールを蹴ることで、笑顔になれる、絆が生まれることを実感し、改めてサッカーというスポーツの素晴らしさに気付くことが出来ました。
参加したチームの中で耳が聞こえないお父さんがいましたが、私の呼び掛けをチームメイトが手話で伝達してくれて、円滑に進行できました。
思いやりに溢れたとても貴重な経験になりました。
1年 南達明